しつこい靴の臭いを消臭

しつこい靴の臭いを消臭

靴の臭いが気になるという人は多いのではないでしょうか。靴が発する臭いの原因は、皮膚に含まれる細菌によって足の汗が分解されることとされています。分解された汗は垢や皮脂などど混ざり合い、より強い臭いへと変化してしまうのです。

 

靴についた不快な臭いは酸素や栄養、湿度、湿気などによってより強くなってしまいます。そのまま放っておくと悪化し、部屋にまで臭いが達してしまうこともあります。部屋まで臭いが届く前に、靴をしっかり消臭しておく必要があるでしょう。

 

靴の消臭には湿気を除去することが第一と言われています。靴の中に10円玉や丸めた新聞紙を入れておくことで、余分な水分を除去することができます。湿気を吸収する効果の高いコーヒーかすや重曹を袋に入れた状態で靴に詰めるのも効果のある方法として知られています。

 

また、湿気が靴にこもらないようにするために同じ靴を立て続けに履かないなどの工夫も必要でしょう。履き終わった靴は晴れた日に干すことで、しっかり湿気を除去する方法もおすすめです。

 

湿気が完全に取れたら、消毒用アルコールを浸したパフで靴の中を拭いていきましょう。殺菌の働きを抑制することができるので、効率的に消臭することができます。アルコールの代わりに2?3倍に水で薄めたお酢を使用することもできます。

 

靴の汚れがひどい場合は靴自体を洗う必要があるでしょう。洗浄が終わったらしっかり乾燥させれば臭いの大部分は消えるはずです。部屋の消臭も大切ですが、靴も忘れずに消臭していくことが大切です。


楽天オススメ商品

アドセンス広告