トイレの悪臭を改善する

トイレの悪臭を改善する

部屋の中でも臭いが気になってしまう場所の1つがトイレではないでしょうか。トイレから漂う臭いの原因は排水溝の詰まりによるものと、尿に含まれる成分が腐敗することで分解されたものの2つに分類できます。

 

男性が利用する機会が多い場合、尿があちこちに跳ねて壁や便器のふた、裏にまで汚れは蓄積してしまいます。これらの臭いを改善するにはこまめな掃除とトイレや近辺の部屋の空気を入れ換えることが必須と言えるでしょう。

 

掃除のときに気づきにくいのが、便器と床の間にある隙間の汚れです。特にネジに緩みが生じていると悪臭が残ってしまいがちなので念入りに清掃しましょう。割り箸に布を巻き付けたものなどを利用すると、細かい汚れがきれいに取れやすいのでおすすめです。

 

同様に見落としがちなのが便器と便座の境目です。完全に汚れをぬぐい去るためには便座を取り外して、念入りに清掃する必要があります。

 

洗浄タイプのトイレの場合は脱臭フィルターが付属していることがあるので、これも丁寧に汚れを落としていきます。フィルターの汚れは悪臭の原因となることもあるので、消臭のためにもきれいにしておきましょう。また、洗浄タイプのトイレの場合、ビデにカビが発生していることもあるので、こまめに掃除して消臭効果を高める必要があります。

 

より効果的に消臭するためには空気の入れ換えは欠かせませんが、肝心の換気扇が汚れていては換気ができず部屋にまで嫌な臭いが広がってしまいます。機能を妨げるような汚れはしっかり取っておきましょう。


楽天オススメ商品

アドセンス広告