トイレの排水口をきれいにしよう

トイレの排水口をきれいにしよう

トイレは汚れやすいので、こまめに清掃する必要があります。特にトイレの排水溝から漂う悪臭はとても不快なものなので、他の部屋に被害が拡大する前にきれいにしておくといいでしょう。

 

水洗トイレは、一定の水を蓄えることで排水口からダイレクトに悪臭が伝わってこないようになっています。そのため、通常であればトイレや近くの部屋などに悪臭が広がることはないのです。

 

その仕組みでは補助水管や通気管などのパーツが大切な役割を果たしますが、うまく設置できていないことがあります。それが悪臭の原因となっていることがあるので、補助水管がオーバーフロー管にきちんとセットされているかを点検しておくようにしましょう。

 

便器にものが詰まっていることが悪臭の原因となっていることもあります。詰まりを取るには便器内を多めの水で満たし、ラバーカップを使って上に吸引していきましょう。

 

ラバーカップは圧力を応用したアイテムなので、思い切って上にラバーカップを引っ張るのがコツです。詰まりの原因を解消することで、消臭できることもあるのです。

 

便器と床の境目のネジがきちんと締まっていないことも、悪臭の原因となることがあります。ネジをしっかり点検して、ゆるんでいるようならしっかり締めましょう。

 

その後に便器と床の隙間を清掃していきます。このときに棒に布を巻き付けたものに洗剤をつけてこするようにすると、きれいに汚れが取れ消臭できます。

 

自分でいくつかの処置を試しても消臭できない場合はプロの業者の手に任せることが大切です。トイレからまわりの部屋に不快な臭いが蔓延する前に対処していくようにしましょう。


楽天オススメ商品

アドセンス広告