魚を焼いたときの臭いを緩和する

魚を焼いたときの臭いを緩和する

おいしい焼き魚ですが、部屋に臭いが充満してしまうのが嫌だと感じる人は多いでしょう。臭いを防ぐには魚を焼くときと焼いた後の処理が大切となります。換気を確保して、魚を焼く前と後の処理をしっかり行うようにしましょう。

 

まず魚を焼くときの処理としては、グリル用の消臭石を利用するのがおすすめです。消臭石を使えば臭いが抑えられるのはもちろん、焼き上がりもおいしくなると言われています。消臭石や同じ働きをする脱臭用の炭はホームセンターなどで販売されています。

 

また、魚を厄前に網に少しのほうじ茶をばらまいておくのも有効だと言われています。魚を焼くときにほうじ茶も煎られるので、香ばしい臭いが焼き魚の臭いを緩和してくれるのです。

 

煙が部屋に漂ってしまったときは、空気清浄機を使って嫌な臭いを除去していくのが効果的です。また、消臭剤を使用するのも悪臭の解消に効果を発揮するでしょう。焼き魚の臭いはカーテンや布製ソファなどの繊維にも付着するので、布用の消臭剤を利用するのもおすすめです。

 

市販の消臭剤が好みに合わない場合は、コーヒーやお茶を煎って消臭剤の代わりにしてもいいでしょう。換気扇を使えば部屋中にコーヒーやお茶の心地いい香りが行き渡るので、悪臭を緩和できるはずです。

 

焼き魚の後にはグリルの清掃は必須ですが、壁や換気扇も一緒に掃除すると消臭効果が高まります。特に壁は臭いが染み込みやすいので、できるだけ早めに掃除を済ますようにしましょう。


楽天オススメ商品

アドセンス広告