バスルームを清潔に

バスルームを清潔に

1日の疲れを癒やすバスタイムを楽しむために、バスルームは常にきれいにしておきたいものです。ですが、浴室や小物に細菌やカビが付着したままになっていると、嫌な臭いが充満してしまうことがあります。

 

バスルームは他の部屋と比べて、湿度や温度が高いという特徴があります。そのため、細菌やカビの温床となりやすいのです。また、カビはちょっとしたことですぐに飛び散ってしまうので、バスルーム中がカビ臭くなってしまいます。

 

靴やオムツなどの洗濯をバスルームしている場合はより細菌がはびこりやすくなるでしょう。バスグッズにもカビは繁殖しやすいので、あまり物を置かないようにするなどの工夫が必要です。

 

バスルームを消臭するには、こまめに清掃する必要があります。風呂釜をはじめとして排水口やドア、壁、換気扇などすべてをよく洗浄しましょう。

 

特に排水口は洗剤の残りや毛髪が溜まりやすいので、汚れやぬめりが気になる場所です。1週間に1度以上を目安として、こすり洗いをして汚れを落としておきましょう。

 

最近よく使われる浴槽の蓋は複数の板が重なっています。このタイプの蓋は汚れやカビが蓄積しやすい構造になっているので、しっかり掃除をして消臭するようにしましょう。

 

お子さんがいる家庭ではおもちゃをバスルームに置いておくこともあるでしょう。そのままにしておくと不衛生なので、洗った状態でネットに入れてきちんと乾燥させておくことが大切です。

 

バスルームをきれいにして消臭しておくと、カビが他の部屋に飛散しにくくなります。清潔な部屋をキープするには、バスルームもしっかり掃除することが大切なのです。


楽天オススメ商品

アドセンス広告