流し台の下も忘れずに清掃を

流し台の下も忘れずに清掃を

キッチンは日頃から利用する機会が多いため、定期的に掃除しないと汚れが溜まってしまいがちな場所です。特に流し台の下は放っておくとドブのような独特な臭いを放ち、隣接した部屋にまで嫌な臭いが広がってしまうこともあります。

 

流し台の下から漂う臭いにはいくつかの原因が考えられます。部屋に臭いが漂う前に解決しておきましょう。

 

配水管と下水管を動かないようにとめるための防臭キャップが無い場合、下水の嫌な臭いがキッチンにまで到達することがあります。防臭キャップをしておけば消臭できるので、施工業者に相談してみましょう。

 

排水パイプを通すための床の穴部分に隙間があることで、臭いが漏れているケースもあります。隙間をパテなどを利用してしっかり覆っておくようにしましょう。

 

排水口は定期的に清掃しないとぬめりが出てきてしまいます。ぬめりは悪臭の原因ともなるので、洗剤を使用してしっかり汚れを落とします。

 

シンク下の悪臭の原因が特定できない場合は、水を染み込ませたキッチンペーパーに重曹をつけてよく拭いておくといいでしょう。重曹が臭いの原因となる汚れを吸収し、消臭につなげることができます。重曹は他の部屋の掃除にも活用できるので常備しておくと便利です。

 

仕上げとして、細菌の繁殖を抑制する効果のある精油を振りかけておくのもおすすめです。殺菌や抗菌がしっかりでき、しっかり消臭することができます。

 

その後に精油を混ぜた水を利用して拭き掃除をすればほとんどの臭いは解消することができるでしょう。カビの臭いがしたり湿度が高いときには、コーヒーかすや炭、湿気取りなどを設置して臭いの原因を解消するようにしましょう。


楽天オススメ商品

アドセンス広告