お風呂の排水口をきれいに

お風呂の排水口をきれいに

排水口は悪臭の原因となる様々なものがはびこりやすいと言われています。そのため、他の部屋にまで飛び火するような強い臭いが発生することもあるのです。

 

一時的な悪臭の場合の多くはゴミや汚れによるものと考えていいでしょう。そのため、部屋をきれいにして悪臭の原因を絶つように、浴室も徹底してきれいにすることで消臭できるはずです。

 

まずはトラップの中に蓄積したゴミを一掃し、丁寧に清掃していきましょう。トラップの中の機器はデリケートな造りになっているので、塩素系漂白剤やぬめり取りを使うときは十分注意してください。市販の薬品を使うのが心配な場合は身体への影響が少ない重曹を使用して、汚れをしっかり落とすといいでしょう。

 

ひどい悪臭を慢性的に感じる場合は、下水や排水口になんらかのトラブルがあると考える必要があります。排水口にあるトラップには封水と呼ばれる水が蓄積されており、微生物の侵入や下水ガスの入り込みを防ぐ役割を担っています。

 

この封水の量が減っていると悪臭の原因となってしまうことがあります。水を溜めるためのカップが破損していると水がこぼれてしまい、臭いの原因となる物質が繁殖してしまいます。

 

また、最近では浴室乾燥機付きのバスルームが増えており、封水が蒸発してしまうケースもよく見られます。封水が無い状態が続くと、下水ガスが上昇してきてしまうので水を加えてしっかり消臭しておきましょう。

 

上昇してきた下水ガスは酸素と結合して硫酸となり、バスルームだけでなく近辺の部屋に影響を与えるほどひどい臭いを発するようになってしまいます。しっかり問題がないかをチェックして、消臭していくようにしましょう。


楽天オススメ商品

アドセンス広告