消臭剤の種類を知っておこう

消臭剤の種類を知っておこう

効率良く嫌な臭いを解消するには、消臭剤を利用するのがおすすめです。消臭剤にはいくつか種類があるので、その中から適したものを選ぶようにしましょう。

 

まず、一般的に脱臭剤と呼ばれるタイプは、活性炭などの働きを利用して悪臭の原因である成分を引き寄せて閉じ込めてしまいます。そのため、不快な臭いを感じることがなくなるのです。

 

消臭タイプのものは悪臭の原因となる成分と消臭効果のある成分を結合します。そして化学反応を起こさせて不快な臭いを除去してしまうという方法が採用されています。

 

芳香剤にはさらに2種類の方法があります。ベアリング法と呼ばれる方法では、悪臭の原因となる物質を芳香成分と結合させていい香りに変えることができます。一方、マスキング法では悪臭を感じないくらい強い芳香成分によって、不快な臭いをまぎらわせます。

 

人間はいくつかの臭いが同時に存在すると、その中の1つが臭くてもあまり意識することはありません。そのため、芳香剤では部屋に生じた悪臭に心地いい香りをプラスすることで、その威力を緩和させているのです。

 

ですが、この方法は部屋の中で生じた臭いそのものを完全に消しているわけではありません。完全に消臭するにはいくつかのタイプを特徴に応じて効果的に使用する必要があるでしょう。

 

たとえば、芳香剤は芳香成分が効率良く飛散するように窓の近くに置いておけば部屋に充満させやすくなります。消臭剤は不快な臭いを解消できるように、換気扇の方角に置くのがおすすめです。換気口や窓があまりない部屋には除湿剤や脱臭剤を設置しておくと臭いが滞りにくくなります。


楽天オススメ商品

アドセンス広告