生ゴミの悪臭を防ぐには

生ゴミの悪臭を防ぐには

様々な悪臭の中でも生ゴミの臭いが気になるという人は多いのではないでしょうか。生ゴミには油や残飯、野菜くずなどが多く含まれ、それらが微生物の働きで分解されるときに発生するガス臭が悪臭の正体とされています。

 

このガス臭はとても強烈なため、放っておくと部屋中に蔓延してしまうこともあります。部屋に悪臭が拡散するのを防ぐにはゴミ捨てにも工夫を施す必要があるでしょう。

 

悪臭を改善するには臭いの原因となる微生物の繁殖を抑制することがポイントです。生ゴミを捨てるときには余計な水分はしっかり切って、新聞紙などで包んで捨てるなどの工夫が大切です。優れた消臭作用があるコーヒーかすや茶殻などを混入しておいてもいいでしょう。

 

お酢と水を2:1の割合で合わせたものをスプレーボトルに作っておいて、生ゴミを捨てるときにスプレーする方法も効果的です。酢に含まれる酢酸はアルカリ臭を中性に変化させ、消臭する効果に優れています。

 

調理に使った油をそのまま排水口に流してしまうと、配水管への付着やカビの繁殖、微生物の成長を促すなどのトラブルに発展しやすくなります。油が付いた鍋やお皿は新聞紙を利用してしっかりぬぐい落としておきましょう。新聞紙には炭が含まれているため、消臭作用も期待できます。

 

温度や水分、栄養の3つの条件が揃うことで、微生物は増殖しやすくなります。排水口にあるゴミ受けは微生物が繁殖しやすい環境となっているので、できるだけこまめにゴミを片付けておくようにしましょう。キッチンだけでなく、部屋にあるゴミ箱の利用にも気をつけ、清潔な環境を心がけることが大切です。


楽天オススメ商品

アドセンス広告